果物はなぜ美容と健康によいか

▼果物は老化や癌を予防する
 厚生労働省、農林水産省の食事バランスガイドによると、1日に野菜は350g、果物は200g食べるのがよいそうだ。果物200gは、みかん2個、リンゴ1個くらいです。
 果物には、ビタミンC、カロテン(ビタミンA前駆物質))、ビタミンEなどいずれも抗酸化成分がふくまれています。
 ビタミンCは、水溶性で、組織水分中の活性酸素を中和し、ビタミンAやEは脂溶性で、脂肪成分中の活性酸素を中和します。つまり、果物は老化や発がんを促進する組織中の活性酸素を中和してくれるのです。果物は動脈硬化予防にもよいと言われています。
▼果物を食べると太るか
 果物は、果糖、ブドウ糖、しょ糖などを含む。そのため太ることを心配して敬遠する人がいます。しかし、糖尿病や脂肪肝などの糖質を制限しなければならない人を除けば、抗酸化物質や食物繊維を手軽に取れるので、食べた方がよい。又、果物を取る方が太りにくいという研究発表もあります。
 みかんは、ビタミンC、食物繊維が多く、健康と美容におすすめ。和歌山の新鮮なみかんをたくさん食べましょう。こどもはバナナを好むが、糖質が多いので多く食べない方がよいと思います。

ジュースなどに入っている「果糖液糖」ってなんですか

注目

コーラなどの清涼飲料に入っている糖分で、異性化糖(別名「ぶどう糖果糖液糖」「果糖ぶどう糖液糖」)とよばれる「天然」甘味料を知っていますか。肥満や糖尿病などの原因になる言われています。
「ぶどう糖果糖液糖」・・・果糖含有率(糖のうちの果糖の割合)が 50% 未満のもの。
「果糖ぶどう糖液糖」・・・果糖含有率が 50% 以上90% 未満のもの。
「高果糖液糖」・・・・・・果糖含有率が 90% 以上のもの。
この果糖液糖は、トウモロコシなどのデンプンからブドウ糖と果糖を作成して、混合したもので、原料は天然ですが化学的に造ったものです。ですから果物に含まれている果糖とは全く別物だと言ってよい。
果糖は満腹感をあまり得られないという特徴があります。砂糖より果糖を多く含む異性化糖には、中毒性があり飲み過ぎになる恐れがあるのです。
ブドウ糖は摂取すると血糖が上がり、満腹感がありますが、果糖は、ほとんど肝臓に貯蔵され中性脂肪に変わります。満腹感がなく、低温で甘みが強くなり、飲みやすい。
清涼飲料の成分表をよく見てください。「果糖液糖」が入っているものは飲み過ぎる危険があり、子供には勧められません。

適量のアルコール摂取でも脳に悪影響

適度な飲酒であっても、海馬の萎縮など脳に有害な影響があることが分かった(海馬は脳の一部で、記憶に重要な働きをしている)。英国のグループの発表。
適量のアルコール摂取が脳の構造や機能になんらかの影響を及ぼすかどうかを検討した。対象は英国の2012~15年に脳MRI検査を受けた男女550例(登録時の平均年齢43.0歳)。30年間にわたって収集したデータから、1週間のアルコール摂取量(1単位はアルコール8g、アルコール度数5%のビール200mL相当)と認知機能との関係を解析した。
主要評価項目は海馬萎縮、灰白質密度、白質微細構造などの脳の構造の変化と、研究期間中の認知機能低下およびMRI検査時の認知能力とした。
検討の結果、追跡30年間のアルコール摂取は用量依存的に海馬萎縮のリスクと関係していた。アルコール非摂取群と比較した海馬萎縮のリスクは、週30単位以上の多量摂取群で最も高かった(P≦0.001)。また、週14~21単位の適量摂取群であっても右側海馬の萎縮リスクが3倍以上高く(P=0.007)、週1~7単位未満の少量摂取群に関しては保護的効果は認められなかった。さらに、アルコールの多量摂取は脳梁の微細構造の変化や言語流暢性の急速な低下とも関係していた。
かわらの小児科コメント
毎日、ビール1缶くらいまでは、脳に悪影響はないが、毎日2本以上になると脳の構造や認知機能などに悪い影響があるということです。沢山飲むほど悪いとのこと。お酒はほどほどにしておきましょう。