1月28日 午後 公用のため休診させていただきます

1月28日午後は、和歌山県教育委員会功労賞授賞式のため、休診させていただきます。

2003年から、医師、歯科医師、薬剤師、県職員、市職員、市民が一緒になって、和歌山禁煙教育ボランティアの会の活動を続けて参りました。和歌山市内のすべての小学校の3-4年生、5-6年生に喫煙防止授業を続けていたことが評価されたものと思っています。

ご不便をかけますがご了承下さいますようお願いいたします。

日本脳炎ワクチン供給制限が解除されました

画像

日本脳炎ワクチン供給が制限されていましたが、ようやく解除されました。日本脳炎ワクチンⅠ期追加、Ⅱ期の接種は制限されていましたが、解除になりました。接種ご希望の方は電話にて申し込んでください。

予約されていた方には、順次電話でお知らせしています。

当院での新型コロナワクチン接種について 2021/7/6

当院での、新型コロナワクチン接種(12〜15歳)を7月21日(水)より開始致します。ご希望の方は、電話にて申し込んでください。16歳以上の方も、受けられます。

ファイザー製コロナワクチンはワクチン1バイアル(1本)につき、6人分で、同じ時間帯に6人接種しなければなりません。従って、同じ時間帯に6人の予約がないと接種不可能となります。(実際は、余剰の分は廃棄するしかありません)

このようなワクチンの条件がありますので、予約はご希望の日時に出来ない場合があります。出来るだけご希望に添えるように努力しますが、ワクチンの特殊事情をご理解していただきますようお願いいたします。

発熱などのカゼ症状がある患者様へのお願い

注目

発熱等のカゼ症状がある場合は、直接受診せずに、あらかじめ電話等で様子をお伝えいただき、指示に従って受診してください

来院時には、必ずマスクを着用し、医院入り口左側にあるチャイムを鳴らして、受付にその旨お申し出ください。

医院の裏にある感染症室の入り口から入っていただきます。入り口左側から裏口へお回りください。足下に気を付けてください。

感染予防のため、ご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

ロタワクチンが定期接種になりました 10月から、0歳児対象

 主に乳幼児に激しい嘔吐(おうと)や下痢、腹痛を起こすロタウイルス胃腸炎のワクチンが10月1日から原則無料の定期接種として受けられるようになりました。対象は今年8月以降に生まれた0歳児です。
 厚生労働省などによると、ロタウイルス胃腸炎は5歳までにほぼ全員がかかる感染症です。脱水症状や意識障害が出ることもあり、毎年8万人近くが入院し、死亡の報告もあります。感染性が高く、冬から春にかけて流行します。根本的な治療薬はありません。
 ワクチンは液体を飲むタイプで、重症化を防ぐ効果があります。これまで原則個人負担の任意接種でした。
 国内で手に入るワクチンは「ロタリックス」(製造販売元グラクソ・スミスクライン)と「ロタテック」(MSD)の計2種類あります。いずれも生後6週から14週6日までに初回の接種を受け、初回以降、ロタリックスは24週までに2回目、ロタテックは32週までに2、3回目を接種します。接種の間隔は27日以上空けます。
 ロタリックスはウィルスが1種、ロタテックは5種入っています。時間的に余裕があれば3回接種が望ましい。