妊娠したら、お酒は飲まないで!

小頭症、知能障害、発達障害を起こすかも
妊娠中にお酒を飲むと、小頭症、知能障害、発達障害などを起こす可能性があります。これを、胎児性アルコール・スペクトラム障害といいます。
カナダの研究者らが調査したところ、毎年、妊娠中にアルコールを摂取した女性13人あたり1人が胎児性アルコール・スペクトラム障害児を出産しているということが分かりました。世界中で毎年63万人超の胎児性アルコール・スペクトラム障害児が出生しているとのことです。
妊娠したら、お酒を飲んではいけません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中