おたふくかぜで難聴、2年間で336人

子供を中心に流行するおたふくかぜ(流行性耳下腺炎)にかかり、一時的なものも含め、難聴となった人が2年間で少なくとも336人いることが5日、日本耳鼻咽喉科学会の調べで分かった。全国調査で規模が明らかになるのは初めて。同学会は「静観すべきではない」として、ワクチンの定期接種化を厚生労働省に要望するようだ。
同学会は今年2月から、全国の耳鼻科約5600施設を対象に(回答率64%)、平成27年から2年間のおたふくかぜの難聴への影響について調べた。
難聴になった336人中、約8割の261人が高度の難聴になった。両耳とも難聴となった14人中11人が日常生活に支障があり、補聴器や、人工内耳が必要であった。
特に子供が多く、難聴になったのは、10歳未満が151人、10代は69人で、未成年者が65%を占めた。
日本は先進国で唯一、ワクチンが定期接種化がされていない。接種率は30~40%と低く、園や学校での流行の原因となっている。
ワクチンの定期接種化を進め、難聴にならないようにしたいものだ。難聴にならないためにワクチンは可能だが、自己負担が必要だ。日本のおたふくかぜワクチンは、ワクチンウィルスによる無菌性髄膜炎になることがある。1000人から2000人に一人くらい。接種医と相談する必要がある。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中