喫煙率18・2%で過去最低 JT調査             2017年7月28日

日本たばこ産業(JT)が27日発表した2017年の「全国たばこ喫煙者率調査」によると、男女合計の喫煙率は前年に比べ1・1ポイント減の18・2%で過去最低となった。喫煙人口(推計)は1917万人で、調査開始以来、初めて2千万人を割った。
調査によると、喫煙率は男性が1・5ポイント減の28・2%、女性は0・7ポイント減の9・0%だった。JTは高齢化の進展や、健康意識の高まりが影響していると分析している。
今年5月に全国の男女約3万2千人に郵送方式で調査を実施。有効回答率は61・9%だった
かわらの小児科コメント
禁煙は世界の潮流です。喫煙者は先進国では減り続けています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中