生ポリオワクチンを受けよう  2012/04/05

不活化ポリオワクチンが話題になり、ポリオ生ワクチンを受けない人が増えている。小生の診療所でも生ポリオワクチンはいやだというお母さんを見受ける。以下に示すように、日本小児科学会は生ポリオワクチンの接種を推奨している。生ポリオワクチンによる麻痺の発生者は100万人に1人くらいというまれな発生であり、効果は確実で世界からポリオウイルス絶滅も期待されている。学会の声明をよく読んでください。

「不活化ポリオ、待たないで」         2011年11月15日 日本小児科学会    導入は早くて2012年末頃、ワクチン接種しない危険性の理解を  日本小児科学会予防接種・感染対策委員会は11月14日、「不活化ポリオワクチン(IPV)導入を待つことで、接種を見合わせることのないよう」との声明を発表した。当学会はIPV早期導入を要望しているが、早くて2012年末頃となる見込み。世界では野生株が流行している上に、生ポリオワクチンの投与児からも大量のウイルスが約6週間にわたり排泄される。そのため、何も接種しない状態では、生ワクチンを接種した場合よりワクチン株由来ポリオ麻痺の発症を高める危険性がある。また、IPVを個人輸入して接種する場合、未承認薬のため副作用救済制度を受けることができない。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中