3ヶ月未満児の発熱

3ヶ月未満児の発熱は早めに受診

3ヶ月未満の赤ちゃんで38℃以上の熱があれば、受診が必要です。乳児でかぜの症状が2日ほど続いたら早めに受診しましょう。

呼吸困難は救急受診

苦しそうで呼吸が速い、ぐったりしていて顔色が悪いなどの場合は、夜中でも急いで受診しましょう。

かぜ症状だけなら診療時間内受診

せきや鼻水が出てきげんが悪い、食欲がない、発熱した、などの症状であれば診療時間内にみてもらいましょう。

せきや鼻水が出ても、きげんがよく食欲もあれば様子を見ていてもよいでしょう。

熱さましは、医師の指示で使いましょう。できるだけ冷やすだけの方がよい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中