インフルエンザとSARS(重症急性呼吸器症候群)

去年の冬は、久方ぶりにインフルエンザが大流行しました。一般的には、流行年の翌年はあまり流行していません。今年の特徴はSARS(重症急性呼吸器症候群)問題が絡んで、複雑になりそうです。SARSとインフルエンザの初期症状が似ているので区別がつきにくく問題になっています。ただし、SARSは流行地へ旅行したり、SARS患者と接触したりしていなければ発病することはありませんからむやみに心配することはありません。
海外旅行していなくて、日本でSARSが流行していなければ、インフルエンザに注意していればよいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中